<ナメナメハウス> (ナンバーズホテル)

INDEX

フーフー岡村の
タイ沈没生活
マニュアルHOME

どうでもいいネタ
・バンコクの激安タバコ屋
・岡村家・秘伝の酒
・バンコクの超有名な占い師
・スワイパーよ永遠に

遊び方
・カラオケ
・ゴーゴーバー
・コーヒーショップ
・茶室
・ナンバーズホテル
・四髪屋
・ノーハンドレストラン
・アーブオッブヌワット
・ロシア人

写真集
・タイ
・カンボジア
・ミャンマー
・ベトナム
・ラオス
・アジアのお宝写真集

タイのデリバティブ市場

LINK

フーフー岡村の
タイ語講座(新)

タイセミリタイヤ
生活マニュアル

バンコク駐在員日記

バンコク駐在員になるまで

タイ料理あれこれ

セミリタイヤ日記

トップページには「ナンバーズホテル」と表記したが、 通称「ナメナメハウス」の事で、

タイ、特にバンコクでは多くのモーテル・ホテルでマッサージ嬢を用意しているのだ。

本来はホテルなのでカップルで行き、部屋だけ借りてもいいのだが、

男一人で行って、マッサージ嬢付きで部屋を借りる事もできる。

そして、そのマッサージ嬢たちのサービスが別名の由来なのだ。

<ナメナメハウスの遊び方>

@モーテルの敷地内に入り、従業員らしきオッサンに尋ねてみよう、

  「イェット・ティー・ヌン」 と。かなり下品な言い方) もう少し上品な言い方なら

  「アオ・プーイン」 でもいいし、値段が分かっていれば「580バーツ!」でもいい。

Aすると、空いている部屋に案内されるので、そこで待つ。

B待機しているオネエチャンたちがやって来るので、好きなのを選ぶ。

  気に入った物件がいなければ、断って帰ってもいい。

Cお気に入りの物件を選んだら、しばらく指定された部屋で待つ。

  そのうちにオネエチャンが道具を抱えて、君の待つ部屋までやって来る。

Dシャワーを浴びたらナメだるまタイムの始まり!お口と本番で2度楽しめる。

 ”ナメナメハウス”には、もう一つ、「ソーン・ヤーン」(”2種類”という意味)という別名がある。
   口だけでなく下もアリなので「2種類」と呼ばれるワケだ。タイ語を話す沈没組は、この呼び方を好んでいた。


それでは沈没組に最も人気があったナメナメハウスを紹介しよう。

BTSのラチャテーウィー駅で下車し、駅の南西側へ下りて、

アジアホテルの北側のソイ(SOI PHAYA NAK)を西へ進めば約5分で左手にある。

ソイの左側にあり、日本のラブホテルみたいな感じの建物なのですぐに分かるはずだ。

2010年5月更新

← 一番簡単に行けるナメナメ

「ローンレーム スィートーン

写真中央の赤い看板がそれ。 「”聖なる黄金”ホテル」という意味。

また、 読者から「シートンホテル」の現状を教えろ、と
よくコメントが来るが、 その発音だとたぶん通じない。

営業時間:

24時間営業だが、控え選手が少ない時間帯がある。(夕方以降がベスト)

料金: 2006年11月現在

580、680、880バーツ の3種類。580と680の差は微妙だ。

但、880バーツの物件は見た事がない。(中途半端な80バーツは部屋代)

<行ってはいけないナメナメ>

上記の「スィートンで満足してBTSまで帰る途中、

左側に同じようなモーテルがあるのに気付くだろう。行く時だと右側になる)

ここもタイ語の看板しかない 「ローンレーム・パックディー」 という名のラブホだ。

パヤタイ通りからソイに入って徒歩1分くらいの距離(右手)なのですぐ分かる。

ここは昔から、外人からはボルのでおススメできない。

今回は念の為に調査したが、夕方にも拘らずマッサージ嬢は2人しか居なくて、

しかも値段は 1500バーツ(!) というので、俺は無言で立ち去った・・・
このボッタクリナメナメは2010年に壊されてコンドミニアムかホテルか何かのきれいな建物になった。


<その他のナメナメ>

通称「ナンバーズホテル」 という名の由来は、モーテルの看板に

「999」 とか、「555」とか、「666」などの数字だけの看板が多いからだ。

(但、番号が付いているからと言って、必ずしもナメナメだとは限らない)

読者から問合せのあったナメナメ ⇒ 聯安大旅社(誤称・職安大旅社)

プラカノンを北上した所にあった、ミャンマー人が多いナメナメは2006年に潰れました。

ペッブリータットマイ(ニューペッブリー)の 「558」 は2007年に潰れました。

茶室 <
HOME
> 四髪屋

inserted by FC2 system