<岡村家・秘伝の酒 強力版>

INDEX

タイ沈没生活
マニュアルHOME

お得な情報
・バンコクの激安タバコ屋
・岡村家・秘伝の酒
・バンコクの超有名な占い師
・スワイパーよ永遠に

遊び方
・カラオケ
・ゴーゴーバー
・コーヒーショップ
・茶室
・ナンバーズホテル
・四髪屋
・ノーハンドレストラン
・アーブオッブヌワット
・ロシア人

写真集
・タイ
・カンボジア
・ミャンマー
・ベトナム
・ラオス
・アジアのお宝写真集
・バンコクモーターショー

タイのデリバティブ市場

LINK

フーフー岡村の
タイ語講座(新)

タイセミリタイヤ
生活マニュアル

バンコク駐在員日記

バンコク駐在員になるまで

タイ料理あれこれ

セミリタイヤ日記

俺も飲んでる
エビオス錠!

↓精液が増えるよ↓

バンコク駐在員日記で紹介し、以前にこのページで公開していた

体力増進の副産物として精力がつく、穏やかな効き目の強精強壮薬酒「クコ酒」

http://fufuokamura.himegimi.jp/doudemoneta/hidennosake.html

へ移転しました。


新たに本ページでは、多くの方から要望があった強力版の作り方を公表する。


但、製法が非常に面倒であり、また、健常者には効き目が強すぎるので、

簡単に作れ、効き目も若干マイルドなタイプの漢方薬の作り方を紹介する事にする。

又、この”マイルド版”は、酒を使わないので、アルコールがダメな人でもOKだよ!

「アレ?なんで立たないんだろ・・・おかしいな・・・」 程度なら”マイルドタイプ”で十分なはず。


まず、下記の漢方材料を揃える。バンコクのヤワラート通りへ行けば安く入手可能。

淫羊藿(いんようかく)
20g

日本では「イカリ草」または「仙霊脾」とも呼ぶ。

タイの漢方薬の店では「羊藿」と表示されている

茯苓(ぶくりょう)
10g
白い菓子のような外観。漢字で「茯苓」と書けば通じる。
大棗(たいそう)
3個

タイ語で「プッサーチーン」。タイのプッサーとは微妙に違う食感。

日本名 「なつめ」 という果実。中国語で「オーヅォー」

タイの漢方店での中国語表記は「烏●」で、●の部分は「衷」によく似た文字。

以上の原材料を、3合半の水が1合になるまで弱火で煎じるだけ。


出来上がりは、泥水のような濁った液体になっているはずだ。

正直、最初は独特の味で飲みづらい。(精力増強のためには我慢ガマン!)


しかし、飲んだ翌日には、下半身に力がこみ上げてくるのが感じられるほど。

もともとインポテンツの治療薬の配合であるから、当然とも言える。

強力版の原材料も、酒を使う点を除いて同じ配合・配分。作り方が違うだけ。


淫羊藿
(インヨウカク。イカリソウ。センレイピ)

この草の名は、

羊がこれを食べて発情した、

という故事にちなんでいる。

こうやって紐で縛った状態で

陳列販売されている。

茯苓 (ブクリョウ)

多くの漢方薬に含まれる原料で、

特に胃・腎臓・循環器系によい。

大棗 (ナツメ)

特に肝臓や胃腸に良い、穏やかな健康増進食品。

写真の乾燥ナツメは、

袋入りで大量に安く買えるが、

小粒の方が甘くて高級とされる。

砂糖で煮詰めた黒くて甘いタイプもあり、

お菓子感覚で気軽に食べられる。

日本でもホームセンターなどで

ナツメの苗木が1000円程度で買える。

なお、漢方薬店では、 羊藿茯苓 は、「両」 という単位で売られている。

両 = 37.5g なので、事前に必要量を計算していくといいよ!


また、 大棗 は、500gの袋詰などで売られている。

安いので大量に買い、大棗だけを煎じてジュース代わりに飲んでもいい。

(30個(粒)を3合の水で弱火で煎じて飲む。2回使える。)

ほんのり甘い飲物ができるが、肝臓にいいから週2回くらいのペースで飲むといいね。


中国産の果実は遠慮したいという人は、タイのプッサーを代わりに使ってもいいかもしれない。

このページのTOPへ戻る <
HOME
> バンコクの超有名な占い師

inserted by FC2 system